スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A CHORUS LINE 観たい~~!!



は~い。
もう頭がミュージカルしてるおにょです。

コーラスラインのCMを見てしまった…
なんとなく頭にあったけど、ヤバイ!チケットを取らないと。
しかし、先立つものが…

観たい芝居がいっぱいある~。
今年はウェスト・サイド・ストーリーも来るし~(T_T)
芝居破産はちょっと覚悟してるんだよね…

この夏は厳しいです(@_@;)


さて、CMを見て、You Tubuを見て、
すっかり盛り上がってしまったわけですが、
実は私コーラスラインのドキュメンタリー映画
「ブロードウェイ♪ブロードウェイ♪~コーラスラインにかける夢~」を観ていないのです(/_;)
すごい観たかったんだけど、つい先延ばしにしてたら終わってた(笑)
あれは映画館でみたら泣いちゃうだろうな~。
いや、DVDでも泣くかもしれないが…


で、たぶんこれそのドキュメンタリー映画のコーラスラインのラストだと思うんだよね~。
堪能してください♪





あ…ヤバイ。
ラストシーンで泣けてきた…(T_T)
(↑どんだけ感情移入(笑))

しのぎを削って、役名のないコーラス(その他大勢)になるために…
う~ん、語弊がありますね。
とにかくステージに立つために、「どんな役でも掴みたい!」と、
ひたすら邁進する人たちの話です。

2007年のトニー賞のオープニングもコーラスライン。
最初のオーディションシーンと
最後の一列に並んでラインで踊る「ONE」でトニー賞が始まるわけですが、
特に「ONE」。
キンキラキンの衣装に、トップハット。
長~い足をキャストが振り上げたら、
「こりゃもう、まってました!」とばかりに
ラジオシティ ミュージックホールに歓声が鳴り響くわけです。

あの中に巻き込まれて歓声を上げてみたいものです…。
それがコチラ。




そりゃ~、盛り上がるわけです。

最初のシーンも、トニー賞で「誰が受賞するのか?!」という緊迫感にぴったり♪
なかなか気が利いた演出だと思います。
そしてオープニングにふさわしい「ONE」。
頭がクラクラします。
素晴らしい~~~!!ヽ(^。^)ノ



「コーラスライン」の初演は1975年。
この作品、始めるに当たってワークショップを開き、
ダンサーや役者の個々の経験を元に作品を作ってます。
なんで、(多少の脚色はあるにしろ)ダンサーそれぞれの苦労話や意気込みは
実際にあった話なんですね~。

たぶん1975年のオリジナル・キャストは舞台(自分の役)で、
自分が経験した実際の話をセリフとしてしゃべったのではないか…
と推測されます。
(演劇的にその方がいろんな意味で効果的だし)

だから、もともとがドキュメンタリーに近い性質を持ってるんですね~。
振付・原案・演出はマイケル・ベネット。
彼は1981年にブロードウェイ・ミュージカル「ドリーム・ガールズ」も演出・振付しています。
(なので2006年の「ドリーム・ガールズ」は舞台を映画化したものです)
ちなみに彼は44歳の若さで、エイズのためこの世を去っています。

あ~、早くチケット取らなきゃ~。
まだまだ空いてそうなので(ちょっと悲しい…)
見やすい席をゲットしてください!!

09/8/12(水)~09/8/30(日)
Bunkamura オーチャードホール です!

よろしく~~♪


スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

コメント

あああ…

感動してしまいました…

たったワンシーンなのに…なんてエネルギー!!

鳥肌が立ちました。泣きそうになりましたw


私も観たいです><

見に行きたい!!

これを逃すと日本では2035年。

その頃には多少の旅行はできるようになっているだろうか…(笑)
ほんと、感動するよね!

自然のエネルギーや神秘ってすごい!!
そりゃ、人間かなわないよ…って思うよね~。

でも、わかってくれる人がいるって嬉し~~~♪ヽ(^。^)ノ

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。